徒然俺

Twitter→@hkmilngre

身の上話(俺文庫)

春休みがもう半分終わってしまった。春休みに何をしたか、と聞かれるとアパートを引っ越したことぐらいしかポジティブな話題提供が出来ない。最近は喫煙者になったり、清掃のバイトを始めたり、人間として底の辺りを這っているような気分になる事ばっかりだよ。経験として味わっても良い事なのかもしれなくもなくもないけれど、その経験によって俺の人生が豊かになるかどうかについては分からないね。清掃業の中でも比較的年齢層が高い職場に就いたからなんだろうけれど、バイトに20代が一人もいない。ほぼ50代以上のおっさんで構成されている環境がここまで辛いとは思わなかったよ。あとスタッフルーム的な部屋が死にかけのハムスターが飼われているケージみたいな雰囲気で居心地が悪いよ。もし清掃のアルバイトを始めたいなら都心のビルとかにした方が給料高いし他の社員も死にかけてないしスタッフルーム的な所も綺麗だとおもうよ。具体的に言うと大学で清掃のアルバイトはしない方が良いよ。バイトが終わって家に帰ると必ず酒を飲む生活になってる。現世はアル中、なら来世は?まだ会議中。ってか。うん。今吸ってる煙草は「ナチュラル・アメリカン・スピリット・ペリック・ボックス」「JPS」「ブラックストーン・バニラ・フィルター」だよ。そんな事はどうでもいい、って、俺の身の上話だぞ。俺の陰毛の本数を笑顔で数えてくれるような友人になれ。むしろ兄弟になってくれ。Big Brother is watching you。Twitterを止めても俺は一生付きまとうからな。こんな惨めな境遇を共有できる朋友が欲しい。あと春休みには映画を観たりもしている。最近は「暗黒街の顔役」「明日に向って撃て!」「アイズ ワイド シャット」「スカーフェイス」とか観たよ。映画は抵抗無く観られるけれど、地の利は知能指数が著しく低いので小説を読むことが出来ないよ。エセ知識人にしかなれない。大麻つのだ☆ひろ、ヒントは隠語。そういえばレコ屋の店長に「俺は音楽のジャンルに拘って聴いていない」「一つのジャンルだけを聴いてそのジャンルを語るような奴はダメだ」「君は80年代周辺のジャズとかファンクとかソウルミュージックとかを聴いてみたらラップに対する知見がもっと広がると思うよ」って言われたんだけれど、食い扶持を稼ぐために音楽に関わってる人と、趣味で聴いている人じゃ音楽に対する意識なんてそもそも違うんじゃあないの、なんて思ってしまった。でも店長、正論だね。そういう系かつそういう年代の音楽に造詣が深い人は俺にご教授いただければ幸いです。報酬は俺とのツーショット。待ち時間は一瞬


VULFPECK /// Wait for the Moment

Wait for the Moment

Wait for the Moment

  • Vulfpeck
  • ファンク
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

新居の住所は東京都杉並区下高井戸1-3○-○ アパート名「○○○○○○○」205号室だよ。はくまい荘(どこ?)で待ってます。きっと見に来てくださいね

濡れ濡れ俺

押し寿司、よく食え、大菩薩峠調布市での生活が苦しい。アパートの壁が薄い。国道と警察署に近すぎて24時間騒音が止まない。辺鄙過ぎる現実から逃げたいね。なんて言ってたら引っ越しが終わったよ。そして今日の15時にやっとインターネッツが開通した。15日に引っ越したのに大学の友人が誰も来てくれないよ。友人と思っているのなんて俺だけなんだろうな。行為で重要視されるのは受け手側の感情だから俺が齷齪して暗中模索したところで、俺の行為を受け取る人間が大前提として「俺」を評価していなかったら何の意味も無いんだろうね。俺に好意を抱いている人間だけと付き合っていたい。他人の気持ちが分かる人間に成りたい。ウソだよ。本当は俺の考えていることが全てわかる人間が居てほしいんだよ。もうメガネを探すためにメガネをかけようとする人生を終わりにしたいね。評価されたい。評価されて相手に気に入られたいよ。五つか六つの頃から仲が良かった幼馴染といくつかの紆余曲折を経て「不束者ですが」と言われたい。まぁ幼馴染なんていないけれど。野心があるなら毎日歯を磨け、って、それすら辛いよ。働きたくない。働きたくないのに物は欲しい。自分より弱い相手と闘ってお金を貰いたい。四股名は公私混同丸。労働という過程を経ずに他者の労働による産物を得たい。アニメを観るのにオタクは何かその対価を払っているのか。映像出力用のモニターとケーブルとネット回線若しくは放送回線、って、そうじゃないよ。アニメを観るだけで何も買わないキラキラオタクくんは製作会社に何か貢献しているのか。視聴率だね。視聴数と作品関連商品の総売り上げって比例しているのだろうか。と、まぁ。コンテンツを嗜む上で何よりも大事なのは姿勢だと思うよ。うん。アニメを消耗品としてしか利用できない哀れなオタクにはなりたくないね。SNSのアイコンを毎期毎期コロコロ替えるアニメオタクくんって「コミュニケーションの道具として、毎期ごとに最新のアニメへと価値の大きさが移っていく消耗品のように、アニメを利用している」ってことじゃないの?もしそうなら、他と繋がるための話題としてしかアニメに意味をもたらしていないオタクすら存在するのかもね。まぁそんなスタンスでアニメアイコンやってる奴なんてツイのオタク監視スレ(笑)に書き込んでるような人たちくらいしかいないでしょ。いずれにしても「じゃあ君はどのアニメが特に好きなの?」と聞かれて「これです」と答えられるようなオタクくんに私はなりたい。武器よさらば


仙人掌 "Be Sure" (Official Video)

BE SURE

BE SURE

  • 仙人掌
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

俺学 応用編

もう文句しかない。声優に声以外の要素を求めるな。声優の名前を検索エンジンにかけて項垂れていた頃に俺を戻してくれ。本当はお前らが戻れや、と思っている。俺が初めて興味を抱いた声優は白石涼子。2009年10月から放送された「怪談レストラン」に大空アコ役として参加した時だよ。因みに初めて観た深夜放送のアニメは2007年1月から放送された「学園ゆーとぴあ まなびストレート!」で、リアルタイム視聴が叶わなかったので父に録画をしてもらっていた。当時齢10にして社会一般から望ましくないとされるコンテンツに惹かれてしまった俺は、父親と我が家のビデオデッキと毎週日曜日に後ろめたさを感じていたね。そんな事はどうでもいい。直弼。お粥。声優という職業がここ数年で声以外の要素に依存する形態へ変化している事実を重く受け取るべき、と言えば都合がいいけれど、実際は俺が声優にルックスを求めている今の大勢に乗れないだけ。哀れ。宇宙人デモ。そんな現状とそれに違和感を覚えない(そもそも違和感など覚えて難癖を付ける方が間違っているのかもしれない)アニメオタクたちがスタンダードだとしても文句を言うよ。アニメや漫画をはじめとする創作って「現実に干渉しない、3次元のモノとして現れないまま完結する」事が何よりの価値だと思うんです。yo。それが今や雑誌の巻頭グラビア、写真集。それを見て喜ぶアニメオタク。それで終わるならまだしも、声優を支持する理由が「顔>声」になっているアニメオタクの声がこれからより大きくなってくるとしたら、最早それは所謂「ドルオタ」と同義なのではないか、と思うわけだよ。言い換えれば、「声優を推す」という行為が声以外の要素に基づいて行われるとしたら、それは声優が「声優である事」よりも「女である事」や「男である事」、「画面に映っているアニメキャラクターの向こう側にいるのは生身の人間である事」に関心を向けている事になるんじゃないか、と思うワケよ。それ声優じゃなくてもよくないですか。と。まぁ。ここで、おかしいのは「変化している声優という職業形態」なのか「二次元を閉鎖的に捉えるスタンスから抜け出そうとしているアニメオタク」なのか。そもそも時間の経過に連れて起こる「変遷」という当たり前の現実を俺が受け入れずに逃げているだけなのか。多分そうでしょ。それだけ。ケチをつけたいだけ、逆張りをしたいだけなのかもしれない。本当は毎日笑っていたいのに一緒に笑ってくれる人がいねぇから朝から夜までインターネットを見ていても外にいても色々なモノが目に付いてしまう。ボケ老人かよ。孤独死


BES / Mic Life feat. STICKY, KING104

Mic Life feat. STICKY, KING104

Mic Life feat. STICKY, KING104

  • BES from SWANKY SWIPE
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

このままあんまりフォロワーに会わないまま髪を剃ってしまうなんて寂しいね。この前初めてオフ会に臨んだけれど、俺以外の4人が「チンピラみたいな服装のオタク」「オタクをボコボコにしてそうなオタク」「菩提心を体現したようなオタク」「プロレスに出場してそうなオタク」で怖かった。🦐🦀。会ってくれたオタクは是非あの時の髪型を憶えておいて欲しいね。次に会う時はスキンヘッドになっているので。もうモンクになるしかない。袈裟でも買ってコミケに出るか

嫌な話

俺が最近はてなブログを更新しないのは別に現実で帰属意識を芽生えさせるような環境が新しく形成されたわけでもなく、単に何かに忙殺されているわけでもないよ。ネットに書き込んで笑い話に出来るような面白系不幸話は無いし、最近は床に就いても2〜3時間で勝手に目が覚めるし、起きている時間帯はいつでもイライラしてる。就職の不安と自己実現の欲求に追われている感覚はTwitterを見ている時間以外いつでも付き纏ってくる。早く理想の人間に成りたい。人間関係の発展と未知の恋愛に対していつまで経っても淡い期待を描いている。反社会的行為に憧れながらも実際に行動に移すのが怖いので「行動に移せないんじゃなくて反社なんてやっても意味無いから俺の意志で行動に移していない」と、自身の度胸の無さを正当化する成人。小さい頃から周囲の友人や教師にビビッて悪い事を何一つ敢行出来なかったから、20歳になっても悪ガキデビューのチャンスを窺ってしまう。精神的に大人に成るために他人と会話をしたい。あーねんまつ。オタクに逢いたい。26~28日は暇ですよ。つって春夏秋冬毎日四六時中することないけれど


ILLNANDES & ENDRUN “CZN'PASS” feat. ISSUGI (Official Video)

シーズンパス

シーズンパス

 

 

地の利は精神年齢が低いから「自分(他人)は俺がイメージしている通りであることが何よりも望ましい」だとか「ある行為は『自分が描いている俺のイメージ』と『相手の持つ俺のイメージ』とが乖離するから控える」とかいう幼稚な自分ルールを相手にも強要してしまう。例えばバーチャルユーチューバー。俺はバーチャルユーチューバーが分からないし、別に興味も無い。同時に、「精通していないコンテンツの話をすると相手に『詳しいわけでもないのに自慢気に語ってんじゃねぇよ』と思われるんじゃないか」という勝手な妄想が肥大化する。次に「バーチャルユーチューバーはニワカオタクが興味本位で食いついているだけで、そんなオタクは他の敬虔なオタクから厄介に思われている」のだと曲解に曲解を重ねて自己完結する。そしてバーチャルユーチューバーに関する話題が存在しないタイムラインとフォロワーが俺にとっての理想だと定義づけて、バーチャルユーチューバーに関するツイートが目に入ると嫌悪感を覚えてしまう。最終的には「何がバーチャルユーチューバーだよ知らねぇよ俺のタイムラインに流すなステマに踊らされてる馬鹿どもがお前らどうせ3ヵ月もすりゃ飽きるんだろ」なんてことを独りで壁にぶつけて満足している。正しくない事を理解していながらもこんな考え方をやめることが出来ないのである。イカンね。遺憾だね。楽しく生きたい。自分の能力に満足したい。宗教信仰に傾倒すれば毎日が楽しく感じられるんだろうか。目標に到達できなくても「自分の能力不足なんかじゃなくて、純粋に信心が足りなかった」なんて都合のいい解釈が全ての行為に当てはめられるような思考になりたい。とりあえず聖歌でも聴くか


DMF ANTHEM

GOD MALVERDE

GOD MALVERDE

 

俺伝説

今日の俺は一味違うよ。本当は明日からの俺が一味違う。今日までの人生はカメムシ同然だったけれど、明日からは何か変わるんじゃあないかと荒唐無稽な事を考えている。思えばこんなクソみたいな人間性で今日まで生きてこれたのは親と友人のおかげなんだろうね。親は離婚したし、高校までの友人でまともに連絡とってる奴は一人もいないがな。「人間の本当の死は忘れられる事」なんて言われるけれど、俺はどうなんでしょうかね。ニュートラルで死に体。さながら宇宙船地球号のDavy Jones。生きる喜びを教えてくれ。社会欲求と愛の欲求が一生満たされない所為で承認欲求が生まれない。もっと上手に生きたい。理想にリソースを投資する利口な思考に移行したい。と、言いつつ、向こう見ずに生きたい俺もいる。斜に構えた社会派の釈迦ぶってるバカを見つけ次第ブン殴りつつ、周囲の全員に良い顔して好かれたい。多視点から思考する秘訣は他者と関わる事なんだろうけれど、友達がいねぇんだな。俺に話しかけてくれ。講義で分からない事があったらなんでも俺に聞いてくれ。隣の席はいつでも空いているから座っていいよ。昼食を一緒に食べよう。学食が混んでいたら少し歩いてファミレスにでも行こうよ。休みの日は家にお邪魔してもいいかな。金曜日は一緒に居酒屋に行こう。長期休暇になったらレンタカーでも借りて旅行したいね。って、もう大学半分終わっちゃうよ。人生も旬を過ぎてしまう。一生アニメ見て音楽聴いて、コンビニ弁当食いながら働いて、気付いたらもう60過ぎの耄碌ジジイになって、老人ホーム、胃ろう、持病の末期ガン。日本を取り戻したところで俺は前途洋々たる未来なんて描けないよ。Macbookにファックされるジャップ。文系に進学した時点で海外で働ける気がしない。そもそも国内ですら働き口があるんだろうか。考えても仕方ないから何も考えないようにしよう。おっぱいいっぱいでナチュラルハイになりたい。みなみけだとヒトミとアツコが好き。アズールレーンやってるイナゴオタク全員殺す。そんな事言っている間にも徐々に減る世界の処女膜の数。連動して増幅するキモオタクの慟哭。あと2時間でヤラハタじゃん


AQUARIUS - 連動(feat.T-ZONE,GORE-TEX,KEN WHEEL,MIKRIS,YOHEY)

オボレタ街

オボレタ街

 

カフェ俺

異端審問、いも。主人公になりたい。鳴上悠になりたい。最近はアニメを見るとイライラしちゃうね。キャラクターは往々にして人間関係の築き方を熟知しているし、異性との交友もバッチシじゃん。「アニメ」や「マンガ」は反社会的創作コンテンツであるはずなのに、登場する人間像は社会性を十分に持ち合わせているという、矛盾。キャラクターの価値観は社会的だし、他者と関わるという行為を華々しく描いている。ラブコメや友情モノをはじめとする、人間関係の動きや社会的相互行為がストーリー展開に密接に関わっている作品って、ともすれば社会的大義を持っているんじゃあないか、と、思うわけです、yo。事実は小説より奇なりなんて虚言界隈の人しか使わないでしょ。有効水。人生楽しいと思ったことなし🙅🙅🙅。なろう小説を読んで自分の半生に憤りを覚えネットの波に己の漂流感を叩きつける人生。所謂「理想の大学生」像を作り上げたクソメディアは有罪。俺に会釈しないテレビ局員は全員誘拐して介錯してやるから腹切れアホ。社会が俺を受け入れないんじゃなくて俺が社会を認めてないんだよ。「俺の俺による俺のための」社会構築を徹底しろ。極右思想の大衆化を導け。俺的保守速報@血糊


Lunch Time Speax feat GORE TEX - BEAT ON TACTICS

BEAT ON TACTICS feat.GORE-TEX [Analog]

BEAT ON TACTICS feat.GORE-TEX [Analog]

 

 

 

浦上燔祭説の全力肯定。人間が無駄に増えてるんなら燔祭すりゃあ有限な資源とイイ感じに折り合いが付くじゃん。社会ダーウィン主義を否定するからこんなことになるんだぞ。燔祭があれば社会福祉制度を保障しつつ十分な資源を確保できるじゃん。俺は無神論者だから燔祭には選ばれませ~~~~~~~~ん。って、無神論者ならリバタリアン右翼じゃん。リバタリアン右翼って愛国心持たないんじゃない?そんな事はどうでもいいよ。政治の話で御不快にならないで。オフ会ってアレ「会おう」つってスッと会える人って絶対陰キャじゃないでしょ。俺はいつでも臨みたいと思ってるけれど正直一抹の不安があるね。タイ人恐怖症👳👳👳。オタクの「大学の友人がいない」って多分タイミング悪かっただけじゃないの。そんな簡単に会えるなんて絶対精神強度高いでしょ。あとカラオケ。血糊はカラオケが嫌い。カラオケ好きなオタクって陰キャじゃないよ。あんなヤバ味ある盛り場行けるのは本当にすごいと思う。あと一人飲食店もニガテだね。注文して料理が来るまでの時間に他の客が楽しそうな会話をしてると直ぐにでも店を出たくなっちゃうんだよ。分かって。正直スーパーより規模の大きい小売店に一人で行くのも怖い。イオンとか


[PV] JEVA - イオン

伊藤純

伊藤純

 

 

俺アクションリプレイ

怖くて二郎に行けない男(お)。スタバにも行ったことが無い。ああいう「一見さんお断りとは明言しないけれど下調べしてから来いよカス」みたいなスタンスのお店は何故一定の需要が存在するんだろうか。そういう美学がファンにはイカすのかね。むしろそれがアタシには苦く感じるね、って、ただのコミュ障のわがままじゃん。我儘姿態。こんな事言ってる奴らが幾ら居ても、利益が出てりゃあ飲食サービス業における何よりの成功でしょ。俺みたいな人格的底辺を排除して敷居を上げた結果大人気なんだから文句言っても負け犬のアレにしかならない。スタバに行ってカウンターで店員に鼻で笑われたらどうしようと思うし、二郎に行って注文モタついて嫌な顔されたらどうしようと思う。こういう生き方しか出来ないんだなぁ、と、改めて思うね。逃れられぬカルマ。前世じゃきっと穢多非人かカタワか黒人かユダ公。来世こそ皇族に生まれたい。同和問題はどんなモンだい?って、か。月43000円の強制収容所に住んで私鉄の奴隷トロッコに揺られる毎日。本当はヒーローになりたい人生。カッコいい事して「カッコいい」って何時までも周囲に思われていたい。小早川瀬那みたいになりたいから人生のチャンスを今一度俺にクレメンス。米230gを目測で計量してタルコン容器に詰めるのなら得意です


M.O.S.A.D. - Super Ball 2002 feat.Watt,Sygnal

THE GREAT SENSATION

THE GREAT SENSATION

 

 

 

季節感のNASA。年中行事が嫌い。共にイベントを楽しむ友人がいない。感情を露骨に表に出す機会が大学に入って著しく減少した所為で、最近はアニメとかマンガにあるほんのチョッピリのお涙頂戴シーンで落涙しちゃうね。高校まではそこそこの人間関係を築けていたのに。大学に入った途端に非人格者みたいな人生を歩み始めるなんて、原因はきっと俺じゃなくて社会だよ。こんな世の中に誰がしたのか。双頭ディルドで無双OROCHIに新規参戦。こんな俺でも社会をより良くしたいと考えてるよ。かのデュルケムも「個々の人格を崇拝することが有機的連帯における共同意識である」「個人こそがある種の信仰の対象である」つってたじゃん。お前を尊重してやるから俺の事を尊重してくれ。一緒に完全な有機的連帯社会を確立させよう。5人の老人から1人の黒人を生成する機械を作って労働力を補おう。「解離性同一性障害者内の複数人格が互いの人格を崇拝してたらその母体である個人は有機的連帯社会として完結してるのか」とか考えてたら、そもそも社会の最小単位が個人対個人であるのかすらも怪しくなってきたね。そんな事クッソどうでもいいから友達と彼女と知性と内定と土地と国債が欲しい。今年の冬を越す前に一つも手に入らなかったらAV女優になります


DS455 + BIG RON - White Nite ~Orchestra Version~

White Nite ~Orchestra Version~

White Nite ~Orchestra Version~

  • DS455 + BIG RON
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes